購入する前に把握しておきたいロールスクリーンの設置費用

ロールスクリーンの費用相場を確認!~サイズによって異なる費用~

オーダーメイドがお得な理由

オーダーメイドでカーテンやロールスクリーンを選ぶメリットは沢山あります。インテリアやオーディオ・電気製品などの相性を合わせて選ぶ、室内の内装に合わせて選ぶことが可能です。既製品は我慢する部分が出ることもありますが、オーダーカーテンなら納得いくオーダーができるので長く付き合う製品ならかえってお得です。

購入する前に把握しておきたいロールスクリーンの設置費用

内観

ロールスクリーンの費用相場

ロールスクリーンの機能や素材に何を求めるかによっても費用相場が変わります。ただし一般的な料金なら遮光タイプのロールカーテンなら5,000円から求めることが可能です。サイズや大きさによっても若干の価格の差があります。

ロールスクリーンに適した窓とは?

ロールカーテンに向いた窓は出窓のように変形していない窓が比較的向いています。ただしこれもロールスクリーンの選び方でカバーできます。向いていないとすると、ロールカーテンを引き上げた時に室内が丸見えになるような位置にある窓には向いていません。

カーテンとの相性も抜群!ロールスクリーンのデザイン性

ロールカーテンが支持される理由は、すでに取付けてあるカーテンとの相性も良いからです。ロールカーテンはナチュラルなテイストで作られているものも多いので、選び方次第で目立たせることもカーテンに合わせることも可能です。幅広いデザインニーズに応えられるのがロールスクリーンです。

いろんな特性がある!ロールスクリーンの種類

ポイントカット対応ロールスクリーン

ロールスクリーンの中心についている紐の種類を選べるタイプのロールスクリーンです。ポールと呼ばれていますが、色々なタイプのものが揃っているので少しアクセントを付けたい場合に向いています。

小窓タイプの防炎ロールスクリーン

幅が非常に狭い小窓が設計された部屋に合う目隠し用のロールスクリーンです。幅は10㎝からオーダーが可能なので、特殊な部屋のニーズにも対応してくれます。小窓用というオーダーは少ないので便利です。

幅広タイプの遮光ロールスクリーン

激安価格でロールスクリーンを提供している通販サイトだと特殊な幅は提供していない場合があります。しかし特殊な幅に対応している通販サイトもあり、お部屋の形や用途に合わせてオーダーすることが可能です。

洗える遮光・洗える防炎ロールスクリーン

洗えるロールカーテンがあるのはわかりますが、遮光や防炎まで可能なロールスクリーンもあります。また洗えるロールスクリーンも幅広に対応している製品もあり、自宅の洗濯機で丸洗いできるのも魅力の一つです。

広告募集中